老後破産。自分には関係ない?

お金
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちわ。

 

結婚についての考え方や働き方が変わり、40代の独身女が増えている私の周りをみてもかなりの独身が脇を固めている。そんな40代女性の間で住まいを購入する人たちが増えているらしい。

 

これは、結婚を諦めたってこと?

 

結婚にこだわらずおひとり様を充実するために見据えた選択なのか?(´ω`*)

 

今年1月に実際に物件を購入した女性会社員にアンケートをとった結果、35歳~45歳が過半数を占めているのがわかる。

 

 

この統計からもわかるように、独身女性は自分がまだ働けるうちにしっかりと不動産を買っておくという老後の人生設計をしっかりされているように見える。

 

驚きのデータがある。単身向けのマンションは1990年代に発売されたがなんと蓋を開けてみると72が未婚の女性だった。(みんな金持ってるね)

 

近年はパウダールームや収納を充実させ、セキュリティー重視の機能を強化するなど、単身女性をターゲットにした物件が売れているようだ。

 

私達は就職氷河期

私達は就職氷河期を経験してる。だからいい意味で、男性をあてにしない、期待していない人が多いと思う。自分でやる方が確実と考えて住宅購入に至る人が多いのも事実。悲しいが(´;ω;`)

 

これからは国もあてにならないので、(年金など)やっぱり自分でどうにかしないとダメなのだ。

今や投資や資産運用、ネットビジネスなど色んな方法がある。でもここでやるものを間違えてしまったら大きな時間のロスになる。(結局稼げないとかね)

 

私自身の話をすると、アラフィフ独身だから、60歳までにそう遠くない(笑)だからビジネスをやるにしてもあまり時間がかからないものがいいと思っている。

 

年金は本当に貰えるのか

私達のような第二次ベビーブームの世代は、年金が本当に貰えるのか?ということにもとても敏感である。

 

今の制度と同じように年金をもらえる確証がないともささやかれ、定年後に決まった収入もなければ、「老後に家賃を払えるのかというのは大きな問題になりうる。

 

都心に住めば、最低でも家賃は7~8万はする。定年後にこの金額を払うのは正直きついと思う。貸し渋りで行き場が無くなることを懸念して購入する人もいるだろう。

 

自分を守るのは自分しかいない

独身いうだけで老後がものすごく心配になってくる。だって誰も助けてはくれないから。兄弟や姉妹がいても結婚していればもう他人と一緒。

 

独身の姉の事なんか頭にあるはずはない。自分の家庭の事で精一杯なのだ。自分のケツは自分でふけということだ。

 

そして「年金、老後2000万」問題だ。

 

・年金貰えない問題
・老後資金2000万円~3000万円必要
・40代以降の働き方をどうするか問題

になってくる。

 

40代の方はこれからの働き方をどうしたらいいのかという事には興味があるらしい。しかし知識がないと今までと同じことの繰り返しだ。

 

何をやるにも若いほうがいいのだが、まだ40代なら幾分チャンスはあるんじゃないかな。同じように逃げ切れない年齢だからこそしっかり見極めてビジネスなり投資をしたほうがいいと私は感じる。

タイトルとURLをコピーしました