アラフィフ婆が副業を始めるワケ。

自分の事

こんばんわ。

 

今日は私が何でこの年になってネットビジネスを始めようとしたのか?その経緯をお話ししたいと思います。(興味ない人は閉じてね)

 

***

 

私は今まで正社員になりたくても枠がなかったことや、自分が吃音だったせいもあって、中々きちんとした職に就くことができなかったんです。(面接で必ず失敗するからね)

 

いや、そりゃね、たぶん人よりもすごーく努力をして勉強したりすればできたと思うんですが、なんせ私は父親譲りの究極の怠け者。

 

特に若い時は「その場が楽しけりゃいいじゃーん!!ヒャッホー!!」みたいな典型的なバカ女でした(笑)

 

よく母親が私に言っていました。「お父さんの悪いとこばっかり似ちゃってさ・・・。」まあ悪い所は似るといいますよね(笑)

 

そしてまた勉強嫌いときたもんだ。私は高校から音大付属に通っていたので大学はエスカレート。音高に入ったのだって勉強ができないから。

 

普通高校なら究極のバカ高に行っていたと思います。( *´艸`)音高は普通高校よりも学費がめちゃくちゃ高いので親はよく行かせてくれたと思います。

 

それは本当に感謝です。

 

音楽だけはできたんですよね。習い事も何一つ続かった私がピアノだけは続けられたんです。やっぱり好きだったんですよねピアノが。

 

しかし!!またここで問題勃発。

 

私、練習が大嫌いで。これは本当にどうしようもないですね(大笑)なんでもそうですが練習しなけりゃ上手になるなんて絶対ない。ありえない。

 

だから、高校も何とか入学はできたがいつも中の中か下。そして、大学はエスカレートで行けるからと鷹をくくっていた私は、以前よりもましてさぼるように。

 

大学もいちようは入ったものの遊んでしまい成績はいつも下。そして出席日数もギリギリで4年生なのに週に5日大学に行く羽目に・・・・。

 

きちんと単位をとっている子達は4年生ともなると週に3日くらいしか来てませんでした。そりゃそうですよね。

 

私は後輩から「先輩毎日見かけますね・・・」とよく言われていました(笑)

 

***

 

結局自分に甘かったんですよね。何かうまくいかないと親父のせいだとか、吃音のせいだとか色々外部のせいにしてきたわけですが、この年齢になってつくづく実感します。

 

「今まで私は何をやってきたのか」

 

正社員にもならず、遊び惚け、親に注意われれば反抗をして過ごす毎日。40何年間何一つ資格やお金になるような勉強をしてこなかった。

 

そして結婚もできなかったアラフィフですよ。

 

***

 

私は50歳までには自分で収入の柱を何かしらで作っていこうと今実行中です。そうしないと本当に老後破産になります(笑)

 

***

 

今は副業も可能なこの日本。「自分の老後は自分でどうにかしてね♬」という風に私は聞こえますね。

 

だからこそ、良く見極めてビジネスを始めないといけないのかもしれませんね(*´▽`*)

 

 

タイトルとURLをコピーしました