ブログで収益化できてる?

メルマガ

こんばんわ。

 

ネットを使ったビジネスの導入期からあるのがメルマガ。もはやメルマガと聞くと「ああ、あの古い媒体ね」とバカにされることも多いメルマガ。

 

しかしこの媒体がホリエモンを始め、個人起業家や企業の多くは未だにメルマガを活用している。

 

なぜか?

 

それはぶっちゃけ儲かるから。メルマガは顧客のメールアドレスさえあればいつでもこちらからコンタクトをとることができるからである。

 

それが最大の利点だろう。

 

外部依存のリスク

 

・集客に利用していたSNSがオワコン化し、効果がなくなった。
・YouTubuの利用規約が変更されて収益化ができなくなった。
・PPC広告が通らなくなり集客できなくなった。
・検索エンジンがアルゴリズムが変更されてサイトのアクセスが激減した。
・LINE@のアカウントが凍結してしまった。

こんな風に外部サービスに依存していると、このサービスが終わってしまったらそこで収入はストップするということ。
そうなったら私達は路頭に迷うことになる。
そもそもブログ=アドセンスに執着してる人が多すぎると思う。SNSを見ても「アドセンス落ちた・・・」とか未だにに言っている人が多いのにも驚く。
こういう人を見ると「ああ、もっといい稼ぎ方あるのに」と思ってしまう。(アドセンスだけで稼ぎたいという強い意志がある方には止めませんし、審査落ちを見下すわけではない)

効率の悪いマスマーケティング

マーケティングというのは、「商品を大量、高効率ので売るための市場活動、販売戦略」のこと。つまりは自分のビジネスを広げることだ。
例えば独自商品をSNSで宣伝するのは立派なマーケティングだ。YouTuberとからんで宣伝するのもマーケティングのひとつ。
そしてマーケティング手法の中で効率が悪いのが「マスマーケティング」というものだ。マスとは、本来「質量、塊」の意味でそこから大衆、庶民という意味合いがある。
貸し看板を専有するモデルや俳優を使ってテレビでCMを流すというもはマスマーケティングだ。
これは金のある大企業が「広告費をガンガン使って大衆にアピールしようぜ」といって始めたもの。
この手法は消費者のニーズが多様化した現代では実は効率が悪くなっている。今はリピート率を重視して「お得意様」を増やすほうがはるかなに低コスト高リターンである。
そしてアドセンスも企業がグーグルに依頼してやっているマスマーケティングだ。というのも審査に通ったブログはグーグルが借りている「貸し看板」ともいえるので、アドセンスブログが無限に使える=グーグルの看板板が無限増殖するということになる。
上記の通り、今の時代にマスマーケティングはそぐわないと私は思う。

ブログ=集客ツール

まさしくこれ、これが一番手っ取り早い。
そもそも広告まみれのブログは見ずらいので利用者からすると広告の少ないほうが嬉しいという事になる。
一切アドセンス広告が貼られてないが収益化されたブログというのが利用者とビジネスオーナーの双方にとって最高なブログになるわけである。
ここで効いてくるのが「ブログ=集客ツール」という定義と「アクセスを管理する」という目標である。ブログをアクセスポイントと位置づけて集客ツールとしての役割を与えるのである。
そして集めたアクセスをメルマガに誘導し、メルマガ内でセールスをすればアドセンスよりも確実に稼げるのである。
ブログでアクセスを集め→メルマガへの誘導の流れをリストをとるという言い方をする。

(例)アドセンスで月10万稼いでる場合

アドセンスで月10万稼ぐにはだいたい30万PV以上必要
30万PVのブログがあるとして、アドセンスの代わりにメルマガ誘導のバナーを設置

ブログからメルマガに登録する割合は30%~40%なので、(ここでは30%と考える)9万リストとれる(メルマガ登録者=見込み客。見込み客9万人)

メルマガ反応率が3%前後なので3%とすると2700件の成約。
つまり、1万円の商品を成約できれば、月収2億7千万円。

ここまではうまくいくとは限らないが、年間で考えれば、アドセンスで月10万稼ぐ実力があるなら年収億越えは余裕ということになる。
しかも月30万PVとれるブログがあるならそのスキルごと独自商品にしてしまえばいいのだ。アドセンスで稼ぐことがどれだけ効率の悪いことがこれでわかったであろう。
タイトルとURLをコピーしました