超初心者向き!メルマガ作成5ステップ

メルマガ

こんばんわ。

 

今日は、「超初心者向き!メルマガ作成での具体的5ステップ」をお伝えします。

 

 

メルマガ作成具体的5ステップは以下の通りです。

 

1、読者と目的を決める
2、書くべき情報を集める
3、わかりやすいように組み立てる
4、一気に書き上げる
5、手直し、校正

 

では、それぞれ詳しく説明しますね。

 

1、読者と目的を決める

メルマガを書くテーマが決まったら始めにやることは「読者と目的を決める」こと。

 

・読者・・・誰に向けて書くのか?

・目的・・・読んだ後、読者にどう感じてもらいたいのか?

 

を事前に決めていきます。

 

そうすることで、

 

・メルマガ作成に必要な情報はどんなものがあるのか?
・どのように終わればいいのか?
・どんな言葉を使って書くのか?

 

といったメルマガ全体の構成が頭に浮かび、迷わずに書くことができます。

 

【 読者:誰に向け書くのか?】

 

例えばメルマガのテーマが「転職」だとします。

 

この時メルマガの読者が30代女性会社員と、30代子育て中の主婦では書く内容が全く違ってきますね。

 

30代女性であれば、スキルアップするための情報やどんな転職先を探せばいいのか?といったことが知りたいはずですよね。

 

一方、30代子育て中の主婦であれば子供の行事や急な発熱などに融通の利く職場を探しているかもしれません。

 

このように、読者が変われば書くべき内容が変わってきますので必要な情報も変わります。

 

読者の定まらない文章には、独り言を話しているのと同じです。これでは誰にも読まれません。

 

【 目的:読んだ後読者にどう感じてもらいたいか?】

 

テーマと読者が決まったら、その読者に「メルマガを読んだ後にどう感じてもらいたいか?という目的も決めていきます。

 

書く目的(ゴール)を決めておかないと、書くこと自体が目的になってしまいます。

 

そうすると、いちいち文章の表現や書き方に目が行き、書くスピードが遅くなります。

 

そこで前述の例より、

 

テーマ「副業」
読者「30代女性会社
目的を「副業を始めたいと思ってもらう」

 

に設定します。

 

すると、書くべき内容はかなり絞られます。つまり、読者と目的が決まればゴールがわかるので、何を書けばいいのか迷わないのです。

 

また、目的のある文章は読者にとっても読みやすく、「このメルマガは結局何がいいたいのか」といった事態も防ぐことができます。

 

2、書くべき情報を集める

読者と目的が決まったら、次は書くべき情報を集めます。前述した例だと

 

テーマ「副業」
読者「30代女性会社員」
目的「副業を始めたいと思ってもらう」

 

この3つに対し必要な情報はどんなものがあるのか?

 

思いついたことなんでもいいので箇条書きにして書き出していきましょう。

 

例えば

 

・副業を始めることによってどんなメリットがあるのか?

・30代女性におススメの副業は何なのか?

・30代女性会社員で現在副業をしている人の感想をのせる

 

などなど色々ありますよね?

 

書き出した内容で調べたいことがあればこの段階で調べます。

 

3、わかりやすいように組み立てる

次にやることは集めた除法を見える化し、どんな順番に話したらわかりやすく伝わるか?というのを考えます。特に文章では「わかりやすさ」が非常に大事になってきます。

 

文章は途中で意味がわからなくなると最後まで読んでもらえなくなる可能性が高いからです。

 

そこで文章をわかりやすく組み立てるために、「実際に読者が目の前にいると想定して声に出して読み上げる」というのが非常にいいんですね。

 

ここで始めに読者を決めていたことが役にたってきます。

 

読者の性別、年齢、職業、事前に持っている知識などによって伝える順番や使う言葉が変わってくるからです。

 

例えばFacebookの活用方法を伝えたい場合、そもそもFacebookを知っている人と知らない人ではどこから話せば内容を理解してもらえるか?がずいぶん変わってきますよね。

 

Facebookを知っている人なら具体的な活用方法からすぐに説明してもわかりますが、知らない人の場合はまず、

 

Facebookとは?

 

ここから説明しなければなりません。

 

また、「いいね!」や「シェア」といった言葉の説明も必要になってきますよね。

 

そしてここでもまた読者が目の前にいると想定して、声に出して説明してみてください。そうすることで自然とわかりやすい文章を組み立てることができます。

 

4、一気に書き上げる

ここで決まったら一気に最後まで書き上げます。途中で手を止めてはいけません。

 

細かい表現や誤字脱字、文字数などは気にしないで最後まで書き上げます。

 

キレイに書こうとすると

 

「あれ?前にどんなこと書いたっけ?」

「この表現の仕方じゃわかりづらいかな?」

 

と手が止まってしまい、書くスピードが遅くなってしまうんですね。文章は必ず最後に手直しをすると考えて、まずは荒々しくてもいいので最後まで書き上げることが大切です。

 

5、手直し・公正

最後は手直し、公正です。

 

1度書き上げたメルマガは、絶対にそのまま配信してはいけません。必ず最後に手直しをしてください。この作業をするかしないかで精読率が大きく変わります。

 

手直しで注意すべき点は以下の2つです。

 

・読んでいてくどくないか?
・わかりにくいところはないか?

 

一気に書き上げた文章はどうしても書いた人の熱が入り過ぎてしまうことがあります。読者にとって暑苦しくない文章にしましょう。

 

ここでその文章を少し寝かせてください(笑)

 

寝かせることで自分の書いた文章を客観的に見ることができるんですね。

 

また、読んでいてつじつまがあわないところはないか?何度も繰り返し同じ表現を使っているところはないか?といったところをチェックしてみましょう。

 

タイトルとURLをコピーしました