副業の確定申告をしないとどうなる?

お金

こんにちわ。

 

働き方が多様化してきたここ数年、サラリーマンの副業も珍しくなくなってきました。

 

 

しかしいざ副業を始めるとなると、気になるのが税金の話。

 

 

稼ぎたいけど、払いたくないのは税金(笑)

 

 

自分で確定申告をしなきゃいけないとは聞くけれど、「本当に必要なの?」「どうやってやるの?」など、疑問が次々と浮かんで来るのではないでしょうか。

 

そこで今回は、副業の確定申告にまつわる疑問を、調べてみました。

 

 

そもそも確定申告とは?

 

確定申告は、フリーランスなどの個人事業主が、1年間の所得を自分で計算・申告し、納税するまでの作業のことをいいます。

 

一般的に確定申告と呼ばれているのは、所得税の確定申告のことですね。

 

所得税とは?

 

所得税は、その名の通り所得にかかる税金です。

 

言いかえると、個人の1年間の収入(給与と賞与の合計。フリーランスの場合は売上)から経費や控除分を差し引いた金額に、定められた税率をかけて算出する税金。所得の多さに応じて 5%〜45%の範囲で7段階に分けられています。

 

会社員の場合は、所属している会社が勝手に作業をしてくれるので、特別な手続きは必要ありません。

 

しかし、会社以外からの収入がある人は、原則として確定申告をしなければなりません

 

副業の確定申告で得られる意外なメリットとは?

 

フリーランスの方は本当に面倒くさい作業ですよね・・・。本当に確定申告ってやらなきゃいけないんでしょうかね?

 

でも大前提として、確定申告は法律で定められている義務です。これをやらないと脱税」という立派な犯罪になってしまいます。

 

でもここで意外なメリットがあるんです!!

 

ポイントは源泉徴収です。源泉徴収とは、暫定の所得税をあらかじめ差し引く制度のこと。

 

所得税は本来、1年間の所得に対して課税されますが、国からすれば早くお金を集められたほうが嬉しいので、源泉徴収という形でこまめに所得税を徴収しています。

 

会社員の場合は、毎月の給与から徴収されています。ただし、あくまで“暫定”なのでだいたい、このくらいだろう」という金額なんです。

 

つまり後から調整が必要ってこと?

 

 

そうなんです。会社員なら年末調整がその作業にあたります。

 

 

これは1年間の給与、賞与(ボーナス)が確定した段階で会社が正しい所得税額を計算し、これまでに源泉徴収した合計金額との過不足をなくす作業。

 

 

よく聞く年末調整でお金が戻ってきた!というのは、余分に払っていた源泉徴収分が還付(払いすぎた税金の返還)されたケースですなんです。

 

 

なるほど!!

 

 

そういえば会社員時代は年末調整で「こんなにお金が戻ってきた!」っと同僚たちと騒いでいたっけ。

 

 

でもここで疑問が・・・・。

 

 

でもそれは会社員としての収入の話で、副業やフリーランスだと関係ないんじゃないのかなと思いますよね?

 

 

副業などでも、企業から報酬をもらう場合は源泉徴収されていることがよくあります。でもその企業での年末調整はないので、源泉徴収額が多すぎたとしても気づけないんですよね。

 

 

そこで役立つのが、確定申告1年間で源泉徴収された金額が、確定申告で計算した所得税額より多かった場合、差額が戻ってきます。

 

 

確定申告はいわば「税金を操る権利」を得る作業。もちろん嘘の申告はダメですが、節税のチャンスにもなるんですよ。

 

 

みんな大好き節税対策!!(笑)

 

 

税務署は未払いがあれば指摘してきますが、払い過ぎた税金については基本的に教えてくれません

 

 

自分で申告してはじめて、節税のチャンスを得られるんです。このことを肝に命じておいてくださいね!!

 

確定申告をさぼった場合

 

サボったのがバレた場合、所得税に加えて延滞税が発生します。

 
 
税額は滞納額と期間によって変わるので、国税庁のシミュレーション画面を使って計算してみてください。ここ数年の税金であれば、年3%〜9%程度の延滞税がかかります。
 
 
 
9%となると、けっこう多いですね…!
 
 
 
なんだかんだバレなさそうな気もしてしまうんですが、確定申告をサボると絶対にバレてしまうのでしょうか?
 
 
 
税務署は個人の口座をチェックできるため、怪しい入金があれば目をつけられるかもしれません。金額が大きい場合は、SNSまでチェックされることもあるんですよ。
 
 
 
怖い!!怖すぎる!!
 
 

また、「税務調査(税務署や国税局などによる調査)」が入った場合は原則3年、最大で5年、悪質なら7年までさかのぼってチェックされますので、「1年逃げきったからセーフ」というわけにもいきません。

 
 
 
バレるリスクは常にあると思ったほうがいいでしょう。
 
 
 

実はもっと怖いことが・・・

 
それは社会的信用を失うということです。
 
 
 
?? どういうこと??
 
 
 

確定申告をしないと、公的に収入を証明できるものが何もない状態になります。

 
 
 
つまり、フリーランスであれば無収入として扱われます。そのせいで賃貸の契約や、車を買うときのローンの審査が通らないなんてこともあるそうなんです。
 
 
 
せっかく働いたのにローンが通らないとかあり得ないですよね?!
 
 
 
みなさんも税金はきちんと申告しましょうね( ノД`)シクシク…
タイトルとURLをコピーしました