65歳で年金をもらえない人ってこういう人。

お金

こんばんわ。

 

若い時は年金の事なんて全く考えてなかったけど、自分も40歳を過ぎ、そして失業をするたびに

「私、65歳になったら年金本当に貰えるんだろうか?」と一気に不安になってきました。

 

昔は25年間払い続けないと貰えなかったのが、今は10年間支払いするだけで貰えるようになったそうなんです。

しかし、10年間払っても年金を受け取れない人がいるんですよーー。

 

ここではしっかり10年間払っても、どんな人が年金を受け取れないのかを書いていきたいと思います。

 

平成29年8月より以下の期間が合計で10年(受給資格期間)あれば老齢年金がもらえるようになりました。

 

1.年金保険料を支払った期間(厚生年金・共済年金で天引きされている期間含む)
2.年金保険料が免除・猶予された期間(学生納付特例含む)
3.合算対象期間

 

以前は、1から3の期間が合計で25年なければ、老齢年金はもらえなかったので、10年で老齢年金がもらえる大きな改正になったんですよね。

 

月数だけを受給資格期間に入れられる「合算対象期間」とは?

 

年金がもらえるかどうかを左右する「合算対象期間」って聞いたことありますか?

 

「合算対象期間」とは年金保険料を払っておらず、保険料免除・猶予も受けていないので、年金額は増えないが月数だけを受給資格期間に入れられる期間のことです。

月数は入れられるが、年金額には影響しないため「カラ期間」ともいわれます。「合算対象期間」(カラ期間)になる可能性があるのは主に以下の7つの期間です。

 

1.昭和61年3月以前に会社員の配偶者だった期間(現在離婚していても婚姻期間は入る)
2.昭和36年4月から平成3年3月までの学生期間(夜間や通信制は除く)
3.外国在住期間(日本国籍は必要)
4.国民年金に任意加入したけれど滞納した期間
5.厚生年金で脱退手当金をもらった期間

(昭和61年4月以降65歳前月までに保険料納付済・免除期間がある人に限る)
6.遺族年金を受給中の期間
7.配偶者が老齢年金を受給中の期間
 
 

老齢年金をもらえない人の条件とは?

 

さあ、ここで年金をもらえない人をもう一度確認してみましょう。

 

1.国民年金保険料免除・猶予の手続きをしていなくて、国民年金保険料の滞納期間が長く、保険料納付済み期間・合算対象期間と合計しても10年の受給資格期間にならない人。

2.合算対象期間(カラ期間)を証明できず、10年の受給資格期間を証明できない人。
→例 会社員だった元配偶者との婚姻関係を証明するのに元配偶者の戸籍が取れない、学生時代の在籍証明が取れない……等

 

老齢年金・・気を付けなくてはならないこととは?

 

年金をもらえないことになる条件は、老齢年金は本人が、「年金保険料を払っていない、その上保険料免除・猶予の手続きをしていない期間が長い」ことです。

つまり、年金保険料を支払うのが大変に感じるときは、必ず!!住所地の市区町村役場に保険料の免除・猶予の申請をすること、そして「保険料滞納期間」を少なくすることが確実に年金をもらう早道だと言えます。

忘れがちなのですが、今年度、保険料の免除・猶予が認められても、来年度はわかりません。毎年、保険料免除・猶予の申請をしておく必要があるので気を付けてくださいね。

特に今年は新型コロナの影響により、年金保険料の支払いが困難になった人への納付猶予の特例がありますよ!年金事務所へ申請してみましょう。

 

65歳過ぎて老齢年金がもらえない人もまだあきらめないで!

 

65歳で受給資格期間が10年ない人は、10年になるまで任意加入で国民年金保険料を納めることができます。

 

70歳で受給資格期間が10年未満でお勤めの人は、10年になるまで高齢任意加入で厚生年金保険料を納めることができます(事業主の合意がなければ全額自分で負担)

 
65歳過ぎても受給資格期間10年を満たす方法はありますので、自分で勝手な判断はしないで必ず年金事務所に相談にいってくださいね。

 

タイトルとURLをコピーしました